2周年

当院もようやく開院2周年を迎えることが出来ました。 スタッフから記念品のプレゼントがあり、言われるまで忘れかけていました。 いいにおいのするキャンドルと、盆栽などをいただき、感謝です。 盆栽は「雲龍ツゲ」 調べてみたら、乾燥にも強く、マイナス20度まで大丈夫・・・ 不精者の自分にぴったりの育てやすそうな木でした 笑 まだまだ至らないところも多い当クリニックですが、今後ともよろしくお願いします。 開院記念日はちょうど水曜の休診日でした。 何をしていたかと言いますと、朝から胃カメラ検査。 ピロリ菌の除菌をしたのですが、胃粘膜の萎縮があると言うことで、毎年受けてます。 ことしも癌は見つからず、ほっとしてます。 神社の周りに旗が並び始めました。 ホーランエンヤも、もうすぐですね。 あっという間に時が過ぎていって怖いです。 生きている内にしっかり楽しまないとっ!!

桜満開

桜もついに満開! 春ですね スタッフの提案でお花見に行ってきました。 何年かぶりに、お花見らしいお花見が出来ました。 スタッフや、そのご家族にも手伝ってもらって、準備万端。 近所に出来た「おむすび三休」さんのおむすびも美味しかったです〜〜 昼間は暖かいのですが、よるになると結構冷え込んできますね。 自分は薄着でカイロを3個ぐらい使って震えてました。笑 桜も散り始めて、少し寂しいですが・・・ もうすぐゴールデンウイークです。 平成も終わります。 そういえば、お札も変わるそうですね。 時代の移り変わりをひしひしと感じる今日この頃・・・ おいて行かれないようにがんばります!

APS・PRP治療開始します

PRP (Platelet-Rich Plasma) 治療について耳にした事がありますか? 最近「再生医療」という言葉もよく聞くようになりました・・・ ノーベル賞を受賞した山中教授のiPS細胞など、話題の多い分野ですね。 私たち整形外科の分野でも再生医療の波が押し寄せています。 ところが、研究段階の再生医療は色々とあるものの、実績を積んだ再生医療はまだ少ないのが現状です。 PRP治療といえば、メジャーリーガーの怪我の治療にも使われて有名になり、最近では日本のテレビ番組でも取り上げられる事が増えています。 整形外科分野でPRP治療は臨床使用が広く行われている再生医療の一つです。万能で、何でも治る夢のような治療ではありませんが合併症が少なく、効果も比較的安定して得られる治療として世界に広まりつつあります。 当院では、変形性ひざ関節症の患者さんへのPRP治療を開始できる事になりました。 PRP治療とは、血液中の血小板を中心とした成長因子、抗炎症性サイトカインなどを濃縮・抽出して患部に注射する事で慢性炎症の状態を急性炎症の状態へ戻し、自己再生能力を発揮させる治療法です。磨耗した軟骨を再生することはできませんが、関節内の慢性炎症状態を改善し、痛みを和らげる効果があるとされています。 当院では、従来のPRP治療に加えて「次世代PRP治療」と呼ばれるAPS (Autologous Protein Solution) 治療も受けていただけます。APS治療はPRPをさらに濃縮・活性化し効果を高めたもので、基本的な作用は同じですが、PRPに比べて長期間効果が持続する事が報告されています。 詳しくは

やまもと整形外科クリニック