開院まで part2

 part 2 ・・・

 慣れないことは難しいですね〜〜、頑張りますよ!

 工事現場を紹介してもあれなので、当院に導入した医療機器の一部を紹介しますね。

 松江市立病院に勤務していた頃、よく患者さんから「牽引ないの?」「マッサージは?」なんて聞かれていました。 市立病院は手術も行う急性期病院ですので、リハビリテーションに関しては手術後、外傷早期の入院患者さんがメインで外来患者さん・慢性的な痛みなどに対するリハビリはどうしても手薄でしたので仕方ないのですが

 当院でも理学療法士2名が急性期・術後リハビリも含めてしっかり対応しますが、クリニック開院にあたって日々の生活の一部として気軽に利用していただけるリハビリ機器なども導入しています。

 まずは気持ちいい系から

 ウォーターベッド

 一般的なローラーが動くマッサージ機とは違って、ジェット水流で首、肩、腰、ふくらはぎまで全身をマッサージしていきます。同時にフットマッサージまでしてくれる(実はこれが相当気持ち良い)優れもので、水流もお好みで6段階。10分間コースですが、試しに乗ると思わず居眠りしそうになります。一家に一台とは行かないですが、リラックスしたい方にはおすすめですよ。

 シンクロウェーブ

 このマシンに乗って寝転んでもらうだけです。 簡単!!

 骨盤、背骨をその人特有の固有振動数(その人にあった揺らし方で)で脊椎から骨盤のバランスを整えます。腰だけでなく、骨盤、股関節、膝の痛みの緩和にも効果があるんですよ。

 ちなみに、ちょっとだけコツがあります。とにかく心を無にして全身の力を抜くことです。体の力を抜くことでその人本来の揺れが再現され、最大限に効果を発揮します。

 理学療法士によるリハビリテーション前に行うと、とても効果的ですし、シンクロウェーブ単独でも左右どちらかに偏った痛みがある場合などの疼痛緩和には特におすすめです。

ちょっと長くなってきたので、part2はこの辺で終わりにします。

次回・・・も頑張ります。笑


やまもと整形外科クリニック