やまもと整形外科クリニック  

 当院では、腰椎・大腿骨の骨密度を、DEXA法(Dual Energy X-ray Absorptiometry)を用いて測定するX線骨密度測定装置を導入しています。


 超音波、手のレントゲンなど、いろいろな骨密度測定法がありますが、DEXA法が最も正確な評価ができる検査法とされています。検査台に寝ていただくと、短時間で(腰椎40秒、大腿骨20秒)検査は終了します。

 

 また、腰椎は加齢とともに変形が進み骨密度の正確な評価が困難な場合があります。股関節部分の大腿骨骨密度もあわせて計測することでより精度高い検査となります。

 最近では骨粗鬆症は高齢者のみならず、過度なダイエット等による若年層にも増えてきており、気になる方は早めに検査を受けることをお勧めいたします。
 

 骨粗鬆症になりやすい方
  やせた人・カルシウム不足・運動不足・閉経後の女性・高年齢・ダイエット等

​骨密度測定装置

​(DEXA法)